兵庫横丁(徒歩7分/約500m)

TRADITION 伝統・歴史

TRADITION 伝統・歴史

五百余年も愛されるには、語り尽くせぬ理由がある。

五百余年も愛されるには、語り尽くせぬ理由がある。

神楽坂の発祥は、14世紀頃、豪族が牛込城を築いたのが起源とされています。江戸時代には、ほぼ現在の「神楽坂通り」にあたる、牛込見付と大老屋敷を結ぶ大老登城道が造られ、沿道には武家屋敷が立ち並びました。江戸中期には、毘沙門天や出世稲荷の縁日の賑わいに、赤城神社などの賑わいも加わり、爛熟の江戸文化を謳歌。明治に入ると、商店街や住宅街が急速に発展し、大正から昭和初期にかけては百貨店が出店も相次ぎ、「山の手銀座」と呼ばれるまでに成長。同時に花柳界も賑わい、古典芸能をはじめ、さまざまな文化が育まれました。こうした歴史を背景に、多様な文化を受容しつつも、神楽坂は神楽坂でありつづける懐の深い街として成熟するに至っています。

DESIGN 佇まい

DESIGN 佇まい

街の薫りと記憶を宿す邸宅。

街の薫りと記憶を宿す邸宅。

神楽坂の街の風景、歩んできた歴史、育んできた文化などへの礼賛を、建物へと昇華することを基本テーマとして住まいづくりを構想。格子のある町家が今なお色褪せず、街に魅力を放っていることから、神楽坂に息づく伝統様式への敬意を読み取り、その美意識を踏襲。神楽坂へのリスペクトをマスタープランの随所へと結晶させ、コンセプトとした「Refuge(隠れ家)」を追求することで、街の空気や文化、歴史の薫りを味わい、神楽坂を謳歌するステージをお届けします。

神楽坂の街の風景、歩んできた歴史、育んできた文化などへの礼賛を、建物へと昇華することを基本テーマとして住まいづくりを構想。格子のある町家が今なお色褪せず、街に魅力を放っていることから、神楽坂に息づく伝統様式への敬意を読み取り、その美意識を踏襲。神楽坂へのリスペクトをマスタープランの随所へと結晶させ、コンセプトとした「Refuge(隠れ家)」を追求することで、街の空気や文化、歴史の薫りを味わい、神楽坂を謳歌するステージをお届けします。

Design Concept

Design Concept

温もりと上質の隠れ家。住まうことへの喜びがここに極まる。

温もりと上質の隠れ家。住まうことへの喜びがここに極まる。

この地の風景や歩んできた歴史、育んできた文化へのリスペクトを建物へと結晶させることを目指した外観デザイン。「refuge(隠れ家)」をコンセプトとし、神楽坂をイメージさせる石畳、格子、灯篭などをモチーフとしたディテールを採用。その瀟洒な佇まいは周辺の建築物と調和しながら、相生坂の風景さえも洗練させます。

この地の風景や歩んできた歴史、育んできた文化へのリスペクトを建物へと結晶させることを目指した外観デザイン。「refuge(隠れ家)」をコンセプトとし、神楽坂をイメージさせる石畳、格子、灯篭などをモチーフとしたディテールを採用。その瀟洒な佇まいは周辺の建築物と調和しながら、相生坂の風景さえも洗練させます。