兵庫横丁(徒歩7分/約500m)

TRADITION 伝統・歴史

TRADITION 伝統・歴史

五百余年も愛されるには、語り尽くせぬ理由がある。

五百余年も愛されるには、語り尽くせぬ理由がある。

神楽坂の発祥は、14世紀頃、豪族が牛込城を築いたのが起源とされています。江戸時代には、ほぼ現在の「神楽坂通り」にあたる、牛込見付と大老屋敷を結ぶ大老登城道が造られ、沿道には武家屋敷が立ち並びました。江戸中期には、毘沙門天や出世稲荷の縁日の賑わいに、赤城神社などの賑わいも加わり、爛熟の江戸文化を謳歌。明治に入ると、商店街や住宅街が急速に発展し、大正から昭和初期にかけては百貨店が出店も相次ぎ、「山の手銀座」と呼ばれるまでに成長。同時に花柳界も賑わい、古典芸能をはじめ、さまざまな文化が育まれました。こうした歴史を背景に、多様な文化を受容しつつも、神楽坂は神楽坂でありつづける懐の深い街として成熟するに至っています。

神楽坂に住まうということ。

由緒ある歴史に育まれた伝統文化と洗練された感性が融合する街、神楽坂。

由緒ある歴史に育まれた伝統文化と洗練された感性が融合する街、神楽坂。

日本伝統の格子が印象的な町家、品位を薫り立たせる石畳の路地、花柳界の系譜を今に伝える風情と華やぎを演出する灯篭…。一方、お洒落でモダンなカフェやレストラン、雑貨店なども、人々を惹きつけて止みません。和と洋が絶妙に融合し、また昼と夜でも異なる表情を見せる神楽坂。まさに多様な文化、さまざまな感性を柔軟に受け入れる懐の深い街。そんな神楽坂に住まうということ、それはこの街に脈々と受け継がれる独自の文化を思いのままに享受するということ。

日本伝統の格子が印象的な町家、品位を薫り立たせる石畳の路地、花柳界の系譜を今に伝える風情と華やぎを演出する灯篭…。一方、お洒落でモダンなカフェやレストラン、雑貨店なども、人々を惹きつけて止みません。和と洋が絶妙に融合し、また昼と夜でも異なる表情を見せる神楽坂。まさに多様な文化、さまざまな感性を柔軟に受け入れる懐の深い街。そんな神楽坂に住まうということ、それはこの街に脈々と受け継がれる独自の文化を思いのままに享受するということ。