エントランス完成予想CG

Design

Design

おもてなしの心を佇まいに込めて。

おもてなしの心を佇まいに込めて。

地への礼賛と敬意を尽くした邸となるために。

地への礼賛と敬意を尽くした邸となるために。

格子のある町家に代表される風情ある街並みや、愛情深く受け継がれてきた伝統文化が、人々の心を惹きつけて止まない。そんな神楽坂への礼賛と敬意を基本テーマとして住まいづくりを構想。神楽坂の街に独特の風情を醸し出す石畳や灯篭に注目し、その情趣豊かなおもてなしの作法を邸宅づくりの核心として踏襲。神楽坂へのこだわりをマスタープランへと結晶させ、街と絶妙に融和するステージを目指しました。

格子のある町家に代表される風情ある街並みや、愛情深く受け継がれてきた伝統文化が、人々の心を惹きつけて止まない。そんな神楽坂への礼賛と敬意を基本テーマとして住まいづくりを構想。神楽坂の街に独特の風情を醸し出す石畳や灯篭に注目し、その情趣豊かなおもてなしの作法を邸宅づくりの核心として踏襲。神楽坂へのこだわりをマスタープランへと結晶させ、街と絶妙に融和するステージを目指しました。

粋で洒脱な気風が息づく神楽坂に調和する、品位と洗練を合わせ持つ外観デザイン。大型ガラスを配したコーナーサッシが、際立つ個性を演出。外壁は、ナチュラルな風合いを持つベージュ系磁器質タイルをベースに、ダークグレー系のボーダータイルやアルミ手摺りを組み合わせてコントラストを際立たせ、モダンな感性が息づく造形としました。

粋で洒脱な気風が息づく神楽坂に調和する、品位と洗練を合わせ持つ外観デザイン。大型ガラスを配したコーナーサッシが、際立つ個性を演出。外壁は、ナチュラルな風合いを持つベージュ系磁器質タイルをベースに、ダークグレー系のボーダータイルやアルミ手摺りを組み合わせてコントラストを際立たせ、モダンな感性が息づく造形としました。

外観完成予想CG

独立性の高い2面接道の開放的な敷地で、建物東側に広く離隔が確保できるため、各住戸へ快適な通風・採光がもたらされます。人、車、ミニバイク・自転車の出入口を独立させた歩車分離設計により、歩行者の安全性にも配慮。また、優雅さを醸すエントランスホールや、駐車場、防災倉庫など共用部を充実させたほか、1フロア2~4邸とし、落ち着いたフロア環境を実現。さらに、街路から適度な引き込みのあるエントランスアプローチを設け、邸宅としての奥ゆかしさを演出しました。

独立性の高い2面接道の開放的な敷地で、建物東側に広く離隔が確保できるため、各住戸へ快適な通風・採光がもたらされます。人、車、ミニバイク・自転車の出入口を独立させた歩車分離設計により、歩行者の安全性にも配慮。また、優雅さを醸すエントランスホールや、駐車場、防災倉庫など共用部を充実させたほか、1フロア2~4邸とし、落ち着いたフロア環境を実現。さらに、街路から適度な引き込みのあるエントランスアプローチを設け、邸宅としての奥ゆかしさを演出しました。

格調と自然美を追求した憩いの空間。

格調と自然美を追求した憩いの空間。

カーペット敷きのラウンジスペースを備えた、優雅なエントランスホール。2面の壁に天然石積を配し、重厚な雰囲気を創出。大理石や御影石も活かし、間接照明付の折上天井も設け、上質感に満ちた空間に仕上げました。

カーペット敷きのラウンジスペースを備えた、優雅なエントランスホール。2面の壁に天然石積を配し、重厚な雰囲気を創出。大理石や御影石も活かし、間接照明付の折上天井も設け、上質感に満ちた空間に仕上げました。

エントランスホール完成予想CG

Design Concept

Design Concept

温もりと上質の隠れ家。住まうことへの喜びがここに極まる。

温もりと上質の隠れ家。住まうことへの喜びがここに極まる。

この地の風景や歩んできた歴史、育んできた文化へのリスペクトを建物へと結晶させることを目指した外観デザイン。「refuge(隠れ家)」をコンセプトとし、神楽坂をイメージさせる石畳、格子、灯篭などをモチーフとしたディテールを採用。その瀟洒な佇まいは周辺の建築物と調和しながら、相生坂の風景さえも洗練させます。

この地の風景や歩んできた歴史、育んできた文化へのリスペクトを建物へと結晶させることを目指した外観デザイン。「refuge(隠れ家)」をコンセプトとし、神楽坂をイメージさせる石畳、格子、灯篭などをモチーフとしたディテールを採用。その瀟洒な佇まいは周辺の建築物と調和しながら、相生坂の風景さえも洗練させます。