Location

Location

ここは、住まわれるための奥神楽坂。華やぎの先にある静謐な住環境。

賑わいから離れた静かで落ち着きのある“奥神楽坂”と呼ばれるエリアに立地。個性豊かなショップが点在する一方、伝統文化を伝える能楽堂や仏閣なども見られます。また、日常を支えるショッピング施設なども徒歩圏に揃い、日々の暮らしやすさも実感できます。まさに、住まわれるための環境を備えた立地です。

静穏な環境に包まれて暮らせる奥神楽坂。

賑わいから離れた静かで落ち着きのある“奥神楽坂”と呼ばれるエリアに立地。日常を支えるショッピング施設なども徒歩圏に揃う、暮らしやすい街です。

思いがけず洒落たショップに出会える街。

お箸で食すフレンチ「かみくら」やファッション・生活雑貨・カフェなどを揃えた「la kagu」など、個性豊かなレストランやショップが路地などに点在してます。

緑陰に憩える公園が身近に点在。

区立公園としては市谷・神楽坂エリアで最大級の面積を誇る白銀公園が徒歩3分と身近にあり、四季折々の風景を愉しませてくれます。ほかにも、桜の名所として知られる外濠公園をはじめ、近辺には大小の公園が憩いの場を提供してくれます。

歴史ある教育施設の数々が醸す文教の薫り。

保育園や幼稚園、小・中学校が徒歩圏に揃っているだけでなく、早稲田大学や法政大学、日本女子大学、筑波大学附属中学校、桜蔭中学校、中央大学高等学校など、名高き学校が周辺に点在。日本の高等教育を育んできたお茶の水エリアにも近接し、知的で文化的な雰囲気を漂わせています。

出かけたくなるスポットへも気軽な距離感。

レストランやカフェ、ショップが多彩に集う商業施設「飯田橋サクラテラス」でおしゃれな時間を過ごしたり、庭園が見事な小石川後楽園や桜の名所として名高い千鳥ヶ淵、由緒ある名庭「椿山荘」などで情趣ある風景を満喫したりと、魅力あるスポットを気軽に利用できます。

「職住近接」を目指した飯田橋駅周辺の再開発

2009年に飯田橋プラーノが完成。さらに2014年に駅西口に「飯田橋サクラパーク」として、「飯田橋グラン・ブルーム」(商業施設名は「飯田橋サクラテラス」)とマンションの2棟が完成し、新たなランドマークになっています。飯田橋駅は、商業施設やオフィスに住宅を加えた複合開発が街を牽引してきました。今後はさらに「職」と「住」が集積して、都心回帰と職住近接の流れが再燃すると予想されます。駅前の「飯田橋駅中央地区再開発事業」は、準備組合が駅東口の約1.0haを対象に計画を策定しており、駅西口側と2003年に日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅跡に誕生した「アイガーデン」をつなぐエリアとして拠点化し、2022年度の竣工が予定されています。

  • Location
  • Life Information

LIFE INFORMATION